自己破産 借り入れ 消費者金融

自己破産後の借り入れ

  1. 自己破産とは?
  2. ブラックOKは絶対にNG
  3. 自己破産後の様々な噂について
  4. 自己破産後でも借り入れはできるけれど
  5. 自己破産後の借り入れは危険行為である

 

自己破産とは?

自己破産とは、債務整理の一つです。
多額の借り入れで返済ができなくなった方に対して、自己破産の書類と現在の生活状況を裁判所で判断をして、返済能力なしと結果が出ると、借金がゼロになります。
ここで、誤解してほしくないのが、だれでもできるものではないということです。
ただ本当に生活が持続できないという方への特別な債務整理といえます。

 

この自己破産をした後の生活は、何ら変わりません。
借金返済をしなくても良いだけで、仕事上の支障もなく、選挙権もあります。
以前は、選挙権がなくなる、旅行にいけなくなるなどの噂もありましたが、そんなことはありません。
ただ、クレジット関係はすべて出来ません。
いわゆるブラックリストと言われる個人信用情報機関に事故情報として登録されることで、クレジットカードを持つことも、各種ローンを契約することは出来ません。

 

ですから、自己破産後の借り入れに関してはできないと思ったほうが良いでしょう。
しかし、これも実は期限付きであり、早くて7年、10年くらい経つと、各種ローンを組める、クレジットカードも保有することが可能になります。

 

自己破産だけではなく、債務整理すべてに適用されるこのペナルティですが、自己破産が一番借りれない期間が長いとされています。

 

▲上に戻る

ブラックOKは絶対にNG

自己破産後の借り入れができるという情報はインターネットで見つけることが出来ます。
ブラックOKの文字を見つけた場合、自己破産などの債務整理直後の方でも、借り入れができるというものです。

 

このような金融機関で共通しているのは、その方の信用度は関係ないということがいえます。
現在大手消費者金融、ちゅうしてほしい、銀行カードローン、クレジットカード会社などは、個人信用情報機関を使って、利用者の借り入れ状況で審査をしています。
そこで、債務整理をした、滞納や延納の記録などがあると、それらの事故から数年経っていなければ借り入れはOKしないのです。
これがいわゆる審査です。
金融業者によって、その間が5年・7年と決まっています。

 

ところが、ブラックOKの金融機関は、そんなのは無視です。
その方のプライベートデータだけで簡単に借り入れをさせてくれます。
しかし、良かったと思うのは早計で、そのような機関のほとんどが法律無視の闇金融です。
金融ブラックと呼ばれる金融業者であり、法外な利息をつけてきます。
1万円の元金で、総返済が30万円以上になってしまう方も存在します。

 

ですから、ホームページにある自己破産後の借り入れはOK、ブラックOKのところでの借り入れはおすすめできません。
最初から、すぐに借入が出来ないことを念頭に債務整理を行わなければならないのです。

 

自己破産をしなければならないほど、返済が大変だったということは、二度とあんな目に逢わない、借り入れには慎重になることをオススメします。
それでも、実際の生活において、自己破産後の生活で大変なこともあります。
そんなときには、行政などに相談に行きましょう。
最終的には、生活保護などが頼りになります。
ブラックOKのところへ行くのは、人生NGになってしまいます。

 

▲上に戻る

自己破産後の様々な噂について

自己破産は、債務整理ですが、その後の生活で誤解をされている方も多いようです。

 

自己破産後の借り入れは一生できない

債務整理は、金融業者が利用する信用情報に事故情報として報告されます。
そのことがブラックとかブラックリストと呼ばれることですが、この事故になってしまうと、原則借り入れは出来ません。
しかし、「一定期間」であり、「一生」ではありません。

 

借り入れというと、消費者金融や各種ローンも関係しますが、それが一定期間利用出来ないと考えてください。
長くて10年間程度です。
ですから、自己破産後すぐの借り入れは不可能ですが、少し時間が経てば利用できることが多いです。

 

自己破産後、引っ越しができない

以前は、住所異動が出来ず監視されると言った噂もありましたが、これもそんな事はありません。
ただ破産の手続きの最中は、裁判所の許可が必要です。
これは、財産がある場合で、債権者に配分するだけでの財産がない場合は、引っ越しの制限はありません。

 

自己破産後、保証人になれない

自己破産をした人が、他人の保証人になれるかどうかですが、これは金融機関が判断することです。
お金がからむものであれば、収入などの条件が必要ですし、住宅ローンなどの場合は収入の高さが求められます。
ですから、一概に自己破産をしたのが理由ではないということです。
個人信用情報機関の事故者だから保証人に慣れない決まりではなく、金融業者の基準によるものです。

 

このように、普段の生活では変わったことは起きないのです。
借り入れに関しても、自己破産後、収入のある生活を続けることで、社会的信用を取り戻すことが出来、再びクレジットカードももてるようになります。
ただ、住宅ローンについては、厳しいと言われる銀行などでは、個人信用情報機関の事故一つで審査が通らないことがあります。
事前に問い合わせをしても回答はえられませんが、一応自己破産後10年くらいたってから申し込みをしてみて、確認するしかないでしょう。

 

▲上に戻る

自己破産後でも借り入れはできるけれど

自己破産後でも借り入れができる消費者金融も存在しています。
ただし、審査はとても厳しいです。
こういうと、その消費者金融は、危ないところではないかと思われますが、そうではありません。

 

一応ブラックOKという表現もしていますが、ヤミ金融でもありません。
大手消費者金融やネームバリューのある消費者金融では、自己破産後の借り入れは出来ないのですが、OKを掲げている消費者金融では、最高金利が通常でも20%程度になっているのが特徴です。
闇金融では、この最高金利の表示は全くないのが見分け方の一つです。

 

また、金融庁に貸金業として登録をしているところは闇金融ではありません。
その登録している業者で、20%程度の高金利を掲げているところは、自己破産や債務整理をしている方でも、借り入れの「相談」にのりましょうというスタンスです。
相談の中に厳しい審査が入るのですが、その条件は、

  • 毎月一定の収入がある
  • 税金の滞納がない
  • 自己破産直後ではない

があります。

 

一応、自己破産後は7年程度は借り入れが出来ないとされていますが、数年後収入のある生活をしている場合、ある程度の信用が出来ます。
そして、今度の融資の返済見込みがあると判断された場合のみに対応してくれます。

 

滞納なんていうのは持っての他ですし、きちんとした返済計画が成立しないと借り入れが出来ない。
厳しい審査をくぐり抜けることができる方のみに有効な情報です。
税金滞納の時点でも審査落ちになってしまうのですが、しっかりある程度の生活の目処がつけば、の借り入れになるのは違いないです。

 

利用者の多くは、はっきり言って、借り入れは出来たけれど、返済が大変とも言います。
自己破産後の方にとっては、二度と同じことにならないよう、細心の注意を払って、覚悟を決めて借り入れをしなければならないとの忠告もあります。
そして、どうしても必要がある場合のみの利用が良いという口コミ、この言葉の意味は大きいです。

 

▲上に戻る

自己破産後の借り入れは危険行為である

自己破産後は繰り返すことが難しい債務整理です。
債務整理は何度も行うものではないのですが、実際は行われているのが現状です。
しかし、特に自己破産に関しては、そう簡単に出来ないと思ってください。

 

自己破産は昔から行われている債務整理であることを知らない方が多いです。
最近になって知られるようになりましたが、実は複数回の自己破産経験者は存在しています。
では。2回目の自己破産は何が原因か?というと、キャッシングやカードローンなどです。
遊興費だったり、生活費などが大きいのですが、これは1回目の自己破産後に再び借り入れが可能なことを意味しています。

 

自己破産後の借り入れは、約7年前後で解禁になると言われています。
これは、多額の借金であっても、一度自己破産をした後、このくらいの年月で、再びキャッシングができるようになります。
しかし、それは一部の消費者金融などで、住宅ローンなどの大きな契約は出来ません。

 

一度借り入れができると借りすぎてしまう、そんなことをしていると自己破産の恐れが出てくるということですが、最近ではその複数回の債務整理は難しいものになってきたと同時に、審査も厳しくなっているようです。

 

そうなると、借り入れがしやすい闇金融に走るところですが、最近はソフト闇金と自分から名乗る消費者金融も存在しています。
このソフトはついても闇金です。
自己破産後の方でも簡単に貸付をしますが、法外に利息と理不尽な請求で大変な目に遭います。
絶対に手を出さないようにしましょう。

 

一応、自己破産後の借り入れは年月が経てばできるようになります。
しかし、その後の自己破産は出来ないものと肝に命じることが大切です。

 

▲上に戻る